審査に通らない要因





クレジットカードの審査に通過できない要因とは何でしょうか?

何度申し込んでも審査に落ち続けるのは何故なんでしょう。
基本的にクレジットカード会社は、3つの要素を重視していると言われています。

その3つの要素とは【安定した収入】【返済能力】【明確な居住場所】です。

では、各項目を解説しましょう。

クレジットカードの審査に通過できない要因の一つである『信用調査の基準をクリアしていない』信用調査の基準をクリアしていない
クレジットカード会社が定める信用調査の基準をクリアしていないと、いくら申請しても審査に通らない場合が多いです。
クレジットカード会社は個人の属性をスコアリングでランク付けしています。
まず、クレジットカード会社は申込書に記載された内容を基に審査をしてその人の信用レベルを測ります。
そして項目一つ一つに点数を付け、その合計点(スコア)で合否をある程度判断します。
項目には、『年齢、勤続年数、年収、職種、勤務先の規模、居住年数、住居形態、家族構成』などがあります。
そのスコアが基準よりも低い場合は、何度申し込みをしても審査に落ちてしまいます。

クレジットカードの審査に通過できない要因の一つである『過去の経歴』過去の経歴
審査をする上で、もっとも重要視されていると言われているのが過去の支払い履歴や借り入れの履歴です。
完済の経歴があっても過去に多重債務をしていたりすると中々審査に通らない場合があります。
そこで、クレジットカード会社は、個人信用情報センターという第三者機関に照会を行います。
この個人信用情報センターには、全国銀行個人信用情報センター・CIC・日本信用情報機構の3機関があります。
個人信用情報センターには、クレジットカード会社、消費者金融、銀行から利用者のデータが集められています。
クレジットカードに申し込みをするとカード会社は、必ず個人信用情報センターに照会をします。
その履歴は6ヶ月間残りますから、短期間に複数のカードを申し込こむと審査に通らないことがあるのです。

クレジットカードの審査に通過できない要因の一つである『明確な居住場所』明確な居住場所
クレジットカード会社は、申込書と個人信用情報センターの情報から、その申込者に『安定収入はあるか』『返済能力はあるか』を判断するのですが、
利用額の設定など、さらに細かな判断するには以下の基準に沿っているようです。
『年齢や年収は高い方が◎』『勤務先は規模が大きい、または公務員など公的機関の方が◎』『勤続年数や居住年数は長い方が◎』『住まいは賃貸マンションより社宅や持ち家の方が◎』『一人暮らしよりは両親と同居している方が◎』などになります。
これらから判断すると『持ち家に両親と同居している独身の若者』がもっとも審査に通りやすいと言えるでしょう。

なお、個人信用情報センターに登録されている情報は、クレジットレポートという形で利用者自身が確認することができます。
郵送・パソコン・携帯電話での確認も可能ですし、各地の機関の窓口で直接確認することもできます。
具体的な方法は、各機関のサイトの『情報開示』または『本人開示』という項目をご覧ください。

※全国銀行個人信用情報センターの窓口での確認は平成23年8月31日で終了となったので、現在では郵送での確認のみとなっています。

>>>全国銀行個人信用情報センター
>>>CIC
>>>日本信用情報機構

このページの先頭へ