クレジットカード Q&A

クレジットカードの仕組みを理解しましょうクレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組みやクレジットカードに関する疑問を解決するためにお役立て下さい!ここでは、お得なクレジットカード選びに役立つクレジットカードに関する素朴な疑問を解決するために役立つ基礎知識を紹介します。

クレジットカードの説明で普段使われている言葉や用語、またはクレジットカードの仕組みなどは、わかりずらいことが多くて知っていることもあれば聞いたことがあるけど意味は知らない。
なんてことも少なくないと思います。
そんな一見難しそうな言葉や用語もその意味がわかればクレジットカードを作る際や選ぶ際にきっと役立つと思います。
そして、あなたにピッタリのクレジットカードを選ぶことができれば、もっと便利でお得なクレジットカードライフを送ることができるでしょう!


クレジットカードの仕組みである「クレヒス」を理解しましょうクレヒスとは?

クレジットヒストリーの略で、クレジットカードの支払い履歴のことをクレヒスといいます。
過去に事故(滞納、未払い)がなく、毎月カードを利用している人ほど優良とされ、この情報は指定信用情報機関にも登録されています。
また、場合によっては、どんな場所でカードを使ったか、どんな店でカードを使ったかといった履歴を指すこともありますが、これはカード会社しか知りえない情報となります。


クレジットカードの仕組みである「セキュリティコード」を学びましましょう!セキュリティコードとは?

セキュリティコードとは、クレジットカードの裏面に記載されている7桁の番号のうち、後ろの3桁の番号のことを指します。(アメリカン・エキスプレス・カードの場合は表面に4桁)
不正使用防止のために使われ、ネットショッピングの際は、通販サイト側がカード利用者にセキュリティコードを入力させることにより、クレジット
カードがカード会員本人の手元にあることを確認することができます。


クレジットカードの仕組みである「3Dセキュア」を理解しましょう!3Dセキュアとは?

ネットショッピングの際に利用される本人確認サービスのことを3Dセキュアといいます。
VISAでは、『VISA認証サービス』、MasterCardの場合は『MasterCard SecureCode』、JCBでは『J/Secure』と呼ばれています。
ネット上で買い物をする際に、カード情報とは別にパスワードを入力するシステムで、ユーザーは事前にパスワードと自由記述のメッセージを登録しておきます。
クレジットカード券面に書かれていない情報を入力すため、もしカード会員本人以外がカードを使用しようとしても、3Dセキュアを導入しているサイトでは悪用される心配がなくなります。


クレジットカードの仕組みである「FeliCa」を理解しましょう!FeliCaとは?

ソニーが開発した非接触ICカード技術方式のことで、『フェリカ』といいます。
Suicaをはじめとする国内の多くの電子マネー、更には会員証や学生証にも採用されていて、かざすだけでデータを高速で送受信できます。
また、登録されているデータは何度でも書き換えが可能です。
1枚のカードに複数のサービスを盛り込むことも可能です。(カード以外にも対応)


クレジットカードの仕組みであるNFCとは何でしょう?NFCとは?

FeliCaと上位互換機能を持つ次世代規格で、近距離無線通信規格(Near Field Communication)の頭文字を取って『NFC』といいます。
既に多くのスマートフォンに搭載されていますが、iPhoneに関しては搭載の噂はありますが、まだ未対応となっています。
NFCを採用した非接触決済サービスの『Visa Pay Wave』と『MasterCard PayPass』は、店員にカードを渡すこと必要もなく、電子マネーのSuicaなどのように端末にカードをかざすだけで決済が可能なのです。
それぞれ対応端末のあるVISA加盟店、MasterCard加盟店で利用できます。
しかし、まだまだ普及はしておらず、これからなのですが、今後のスタンダードな支払い方法になるでしょう。
オリコカードからは、いち早くこれに対応したクレジットカードが発行されています。


ETCカードとはどういうカードなのでしょう?ETCカードとは?

ETCカードとは、クレジットカードを親カードとして作ることのできるカードです。
ETCカードは高速道路の料金所で一旦停止をすることなくノンストップで快適に走行できるだけじゃなく、現金で通行料金を払うよりETCを利用してETCカードで払う方が様々なETC割引が適用されてお得になりおすすめです。
さらにETCカードを使うことでポイントがたまったり、親カードであるクレジットカードの特典やサービスが受けられることもメリットの一つです。
これらのことから、ETCカードのおすすめはお得に使えるクレジットカードということになります。


クレジットカードの仕組みであるICカードとはどういう意味なのでしょう?ICカードとは?

ICチップが埋め込まれたカードのことで、ICカード対応の端末がある店でクレジット払いをする際は、サインの代わりにあらかじめ設定しておいた4桁の暗証番号を入力をすれば支払いが完了します。
ICカードは従来の磁気ストラップを使った決済よりもセキュリティに優れているだけでなく、支払いも格段にスピーディーです。
ただし、対応端末がない店では、普通に磁気ストライプとサインと使った支払いになります。
IC付きクレジットカードもかなり増えてきましたが、対応できないカードもいくつかありますので、どうしてもIC付きがいいという場合は、申し込み前にカード会社に確認しましょう。


クレジットカードの仕組みである「サインレス決済」を理解しましょうサインレス決済とは?

その名の通りサイン不要で支払えることを「サインレス決済」といいます。
ICカードでの支払いもサインレス決済に含まれますが、厳密にいえばサインも暗証番号の入力も要らず、クレジットカードを端末に通すだけで支払いが完了することをいいます。
コンビニやスーパーでは、支払い時間短縮のために、一定額まではサインレスで支払えることが多いです。
また、NFCの非接触決済サービスを使った決済もこのサインレス決済に含まれます。
このNFCを採用した決済サービスは、今後主流となる決済方法となることは間違いありません。


クレジットカードの仕組みである「限度額」を理解しましょう限度額とは?

クレジットカードの限度額とは、カードを利用できる金額の上限で、カードごと、またはコード会社ごとに設定されています。
限度額はクレジットカード会社の審査によって決められますが、カード会員側から増減の要望を出すことはできます。
また、冠婚葬祭や海外旅行などの相応の理由があれば、申請及び審査をパスすることで一時的に増枠してもらうことも可能です。


クレジットカードの仕組みである「加盟店」を理解しましょう加盟店とは?

クレジットカード加盟店とは、クレジットカードを利用して支払いができるお店のことを指します。
アクワイアラと呼ばれる加盟店の開拓や管理を会社と契約し、国際ブランドで支払いができるようにする代わりに、加盟店手数料を支払います。
通常、加盟店規約では、カード払い時の販売額が現金と同額以下になるように定められています。(一部海外では異なる場合があります)


クレジットカードの仕組みである「クレジットカードの審査の基準」を理解しましょうクレジットカードの審査の基準は?

クレジットカードを発行するためには、審査を受ける必要があり、申し込み時には氏名、年齢、住所といったことはもちろん、会社名や勤続年数、年収、家族構成、持ち家の有無といったことまで伝えなければなりません。
審査基準は門外不出ですが、極端な例をあげれば、安定収入が見込める大企業で勤続年数の長い人は審査に通りやすいことはもちろん、実家暮らしの独身などという場合は、可処分所得の多いとみなされ審査のうえで有利になるといわれています。
また、過去の利用履歴(クレジットヒストリー)も大切な要素で、安定したカード利用歴は高評価となる反面、過去に滞納や未払いがあると評価はガクンと下がります。


クレジットカードの仕組みである「信用情報機関」を理解しましょう信用情報機関とは?

クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済、支払い状況、利用残高などの客観的な情報を収集、提供、管理する機関を信用情報機関と言います。
現在、貸金業法の規定に基づき『CIC』と『JICC』(日本信用情報機関)の2社が金融庁から指定信用情報機関として指定を受けています。
カード会社は審査の際に信用情報機関に情報照会をし、信用情報の提供を受けて審査を行っています。
例えば、CICの場合は、申し込み情報は6ヶ月、契約状況や支払状況などクレジット情報は契約期間中および取引終了後5年間は記録として残っています。
なお、申請すれば自分の信用情報を確認することもできます。
インターネットなら両社ともに1,000円の手数料を払えば利用できます。


クレジットカードの仕組みである「エンボス」を理解して疑問を解消しましょう!エンボスとは?

一般的に板や紙に文字を浮き彫りにする加工のことを『エンボス』といい『エンボス加工』とも言われます。
クレジットカードではカード番号や名前の部分に、このエンボス加工が使われています。
かつては、このクレジットカードのカード番号や名前を伝票へ転写するために使われていましたが、最近は磁気ストライプやICチップで処理するため、先進国ではほとんど使われていません。
Suica付きビューカードなどは、交通系ICカードとしても利用する技術的関係からエンボスレスカードとなっています。


このページの先頭へ